old entry



新たな気持ちでがんばりたくて、
まずは机の上を片付けました。
私の片付いてる状態とはこのくらいです〜。

新しい気持ちで机にノートを広げて、
字を書いたり絵を描いたりできます。

なるべく肩の力を抜いて、いいな、と思うことはどんどん取り入れてみたいです。


同じ輪郭をなぞっていても絵は完成しないしつまらないので、暮らしていくこともそうなのかもしれない、と思います。


歩いて歩いて、新しい感覚を知りたい〜。



水戸芸術館にいきました。早起きして、バスに乗って。

今日は、「拡張するファッション」というタイトルの展覧会の最終日で、屋外ではイベントもありました。

お誘いがあって、なにも調べずに行ってきましたが、青木陵子さんのインスタレーションがとてもよかったです。
見れてよかった〜。
絵が描きたくなりました。

水戸芸術館に来たのはこれで二度目で、初めて行ったときは大学生でした。もう、10年近く前のこと!時間がずいぶん経ちました。

そのとき買ったひびのこづえのハンカチをいまでも愛用中ですが、今回も買って帰りました。迷いに迷って、動物の柄にしました。


今度は静岡のヴァンジ彫刻庭園美術館か、千葉の川村記念美術館に行きたいです。







東京は、雨の日曜日でした。

夕方一瞬晴れたのですが、夜はまた雨!
家の中にいると、それはそれで心地よいです。
見に行きたかった展覧会に行かなかったのは、ちょっと残念です。


さて、江國香織さんの、『抱擁、あるいはライスには塩を』。
通勤でちょっとずつ読んで、読み終わってしまいました。
アナーキーな、おもしろい家族の話でした。
旅に出てる頃の桐叔父と、家出していた頃の菊乃さんの話が好きです。
ときどきでてくる「どこか知らないところに行きたい病」を、
ちょっとなだめてくれました 笑。

江國さんの本は中学生の頃からいろいろ読んでいますが、
『ホリーガーデン』の果歩ちゃんも、
『思いわずらうことなく愉しく生きよ』の三女の育ちゃんも、
いつのまにか自分より年下になっていてちょっとショックです!


今週は、桜があちこちで見られます。
スロバキアでも桜は見れたけど、日本の桜の方が大事にされていてきれいな気がします。
むこうはライラックがきれいだったなと思い出しました。濃い緑に、濃い紫の花。


いろいろと始まる春です。
自分の気持ちがちゃんと満たされるように、動いて行きます。